2016/02/05

GREEN LAB. のモノづくり


P.RHYTHM の16/17モデルの撮影で、先々週に引き続き峰の原(菅平)にお邪魔してきた。

生まれ育った峰の原で過ごした子どもの頃のエピソードや、農業や作物・収穫の苦労、地元が抱えている問題などなど… 
そしてもちろん雪山やスノーボードの製造の話しも聞くことができた。
唐松やヒノキやナラの木の特性や、それを芯材に加工する工程の話しまで聞くことができた。

芯材を自分たちで加工して作り出しているのは大手メーカー以外では GREEN LAB. しかないし、ましてや地元の材料だけを使っているブランドとなると唯一の存在なのかもしれない。

外部の人間からすれば、地元のつながりがあるからこそできることで、決して簡単にマネできることでもない。

ビジネス的なことをいえばもっと儲かる方法は他にあるのかもしれないけど、彼らはこれまで10年にわたって独自のスタンスでスノーボードをつくり続けてきている。


自分たちで作った野菜を食べて、収穫した果物でジャムや干し柿を作る。
スノーボードの芯材を加工して、自分がペンで描いた絵をボードのグラフィックにのせる。
そして出来上がったボードを歩いて3分の地元のスキー場でテストする。


峰の原のゲレンデを彼らの後ろを滑っていると、さり気なく上手いし何より滑っている後ろ姿が楽しそうでこっちまで楽しくなってくる。

ゆっくり時間が流れる峰の原は景色も良いし晴天率も高いので、のんびりやりたいときは一度足を運んでみてください。
あっ、それと名物の「Mel's の焼きカレー」もオススメです。

2016/01/18

峰の原〜妙高 2Days

なかなか冬型にならない今シーズン。
コンディションも上がりそうもなかったので、先週末の3連休はパスして寒波に備えて待ってたわけですが…

いつも集まるメンバーはタイミングが合わず、何処に行こうかと地図とにらめっこしながら思い悩んでいたら、ふと思いついた。
「そうだ、峰の原にしよう!」
特別な理由はなかったけど、何かに惹かれるように、軽いノリで自分の予感みたいなものに従ってみた。

早速 GREEN LAB. のジロウくんに連絡入れて、翌朝菅平に向けて出発。

途中でレギュラーメンバーのユキちゃんと合流し、ほとんど人口雪の峰の原のよく締まったゲレンデをユル〜くクルージング。
そうこうしているうちに、とあるショップのP.RHYTHMユーザーのご夫婦と合流し、某有名カメラマンさんカップルとも合流し、GREEN LAB.のタカシくんも合流した。そして一番の驚きは、いつもは海外にいるはずのお兄ちゃん(前に会ったのは確か10年くらい前だったと思う)まで合流して、いつの間にかカチカチバーンで大人数の修行セッション。

滑った後は話し好きのマスターが作っている名物の「焼きカレー」をいただいて、温泉入ってご就寝。

2日目は別行動にしようと思ってだけど、このメンバーの流れに乗っかるのが良さそうな気がして一緒に妙高へ行くことに…
赤倉に到着すると4年前?に一度だけ一緒に滑ったハルナちゃんも合流。
カメラマンさんカップルももちろん一緒。
雪は思ったほど降ってなかったし、パウダーなんて見あたらない。
それでも良いメンバーが集まればスノーボードって楽しいだよね。
前に誰かが言ってたけど「どこで滑るか?」よりも「誰と滑るか?」の方が大事っていうのをつくづく感じた2日間だった。

帰りに烏骨鶏の卵入りの月見そばをいただいて、夕飯は前から気になっていたラーメン屋をメイクした。我ながら麺好きにもほどがある。

そんなわけで、自分の予感に従って動いてみたら、新しい出会いや懐かしい出会いがいろいろあって、予想外に楽しい2日間になっちゃった。

ジロウくんや最高に楽しい方々に感謝です。近々また行きたい。正直クセになりそうです。

そういえば、今日の午後から鼻水が滝のようにジャージャー出始めた。
もしかして風邪ひいた?
イヤ、たぶん気のせいだ…


峰の原に到着して、まずはコーヒータイム。

1日目のメンバー。実は他に4人居たはず…

家から歩いて5分でスキー場

人気の焼きカレー

2日目はピーカンの妙高へ

2日目のメンバー

滑り終わってからの黒姫そば

烏骨鶏(ウコッケイ)の卵を使った月見そば。シンプル・イズ・ベスト、470円なり。

埼玉の有名店で「特製蛤そば」をメイク。さすが人気店だけに大満足。
関越の帰りは渋滞がなくても降りちゃうな、きっと…